グリーンヒルパーク名取


1996年から分譲開始となったグリーンヒルパーク名取(名取市みどり台)の東部地区に円形交差点が設けられた。デベロッパーは東京都中央区日本橋富沢町に本社を置く山崎建設。計画概要は名取市建設部都市計画課のウェブページに公開PDF魚拓)されており、デベロッパーのウェブサイトにはもう少し詳細な計画概要(計画概要の魚拓)と開発の歴史(歴史の魚拓)が掲載されている。

ラウンドアバウトに接続するみどり台大通り線(西部地区と東部地区をつなぐ道路)はフルスペック2車線であるが、他の接続路3本はいずれも幅員4m程度で歩道はない。せめてラウンドアバウトから10m程度は両側歩道と十分な幅員を確保しておきたいところだが、分譲しちまった後ではどうしようもない。環道部に歩道が設けられ、交差点の見通しが確保されているのは過去事例の反省か。

カテゴリーラウンドアバウト
路線市道みどり台大通り線
所在地宮城県名取市みどり台3丁目
実走行日2015-07-19
全景写真
西から眺める。一般的にラウンドアバウトへ向かうと、この景色を最初に見ることになる。中央島に植えられているのはケヤキ。宮城県の県木ですからね。
北から眺める。
東から眺める。左側の電線高さが気になるなあ。
南側から眺める。
中央島に設置されているシェブロンに貼られた認証標。なんだよ緊急雇用創出事業って。雇用確保のために安全対策しました、ってことか?