西条23号ループ(道の駅小松オアシス下)


西条ICから数えて23個目のトンネル、松山道をくぐって道の駅小松オアシスへ向かう道がのの字を描いている。設けられたのは松山道開通(いよ西条IC-川内IC間は1994年11月)とほぼ同じ頃と考えてよさそうだ。

石鎚山SAは上下とも松山道より北側に設けられているが、松山道開通時点でこのようなのの字を設けて松山道南側へのアプローチを確保したのは、その当時から道の駅或いはハイウェイオアシスを作るつもりがあったのだろう。

のの字部は快適2車線、沿道には桜が植えられている。
途中、南へ農作業道のような非舗装道が伸びている。少し辿ってみたが農地らしい土地は見当たらず、しかし轍は決して古くない。用途不明だ。

路線市道
所在地愛媛県西条市小松町新屋敷
回転度270度
実走行日2015-04-30
全景写真
西条23号函渠の北側ポータル。ここをくぐったところにのの字が存在する。
西条23号ループ全景。
別の角度から眺める。カーブ内側、ガードレールからペーブフェンスに切り換わるのはなぜだ?
のの字上部から眺める。かなり急勾配だ。