才ノ神ループ


2005年9月の東北ツーリングで友人たちとマスツー中に発見した道。
10人ぐらいで走っているときだったので、のの字撮影を理由に立ち止まるわけにもいかず、いつか再訪のチャンスを狙っていた。

国道102号から黒石温泉方面へ分岐してすぐの場所にある、キレイな円弧を描く道である。のの字を抜けるとそこは板留温泉の町並みだ。周辺は一面のリンゴ畑で、9月には緑の中に赤い実が映える。

くまなく探してみたのだが、橋の銘板が見当たらない。ボックスカルバートだから橋ではなくトンネルと言うべきか。
のの字のすぐ南側を西へ流れる浅瀬石川に架かる擬宝珠がこけしの黄色い橋が落合大橋であるが、こちらのループ部分が何と呼ばれているかは不明のままである。(※)
散歩中のご近所の人に聞いたのだが、ご本人は標準語を話す意思がないらしく、まるで聞き取れなかったのだが、何度も聞き直しているうちに「このへんは才ノ神(さいのかみ)って場所だから、才ノ神橋だろう。」らしきことを言っているようだった。

※帰宅後の調査により、1990年から整備が開始され、1995(平成7)年10月19日、落合大橋と同時に開通したらしいことが判明している。

路線市道温湯板留線
所在地青森県黒石市大字南中野
回転度290度
供用時期1995(平成7)年10月供用開始?
実走行日2006-07-15
全景写真

才ノ神ループ全景拡大する
才ノ神ループ全景。背景の大きなダムは浅瀬石川ダム。

何を血迷ったか動画なんてものを撮ってみたので、酔狂な方はご覧あれ。
見る人は酔狂だから心配ないかも知れないけど、酔っ払っても知りませぬぞ(笑)