国営みちのくの杜湖畔公園・ふるさと村の円筒分水


釜房ダム湖畔にある国営みちのくの杜湖畔公園内に「ふるさと村」が開設されたのは1997(平成9)年10月。ここに円筒分水の模型が設けられている。設置時期はふるさと村開設の前後と思われるが、具体的年月は不明。

公園のふるさと村の紹介ページには次のように書かれている。

水田の水争いを避けるため、公平に水を分けるために造られたものです。水をサイホン機能で吹き出して水の出口の方向と広さを調節して、下流に流す水の量を調整するものです。この円筒分水は、岩手県胆沢平野(いわてけんいさわへいや)に現存するものの1/2のミニュチュアです。ここでは池と田んぼに分水しています。「月山山麓の家」の前にあります。

訪れた日は通水していなかったのか、分水先(であるはずの)水路から逆流するが別方向の水路へ流れ込む状態で、これが現実なら血の雨が降るところだ(笑)

カテゴリー円筒分水
管理者国土交通省 東北地方整備局 東北国営公園事務所
所在地宮城県柴田郡川崎町小野
訪問日2015-07-19
全景写真
「月山山麓の家」の前にある。分水比率は目分量で8:2。
通水していないためか、手前の水路から円筒分水を乗り越えて向こう側の水路へ水が流れている。