寧静ループ橋


県境を跨ぐ「のの字」。国道だけにできることであろうが、それも国直轄事業だったと思われる。

で、「のの字」はっつうと、大規模ループで周囲に高い場所がなく、全景は撮影できていない。

実は、このループ橋よりも、大分~宮崎 県道8号に興味を持ってしまった。林道あがりのような道だが、走っていて気持ちいい道である。途中に点在する1車線区間は愛嬌ということで。


2008年5月4日再訪
魚眼レンズを携えての再訪である。
駐車できる場所を探したところ、ループ交差部の上に数台分の駐車場があった。
完成を記念する立派な石碑があってこそ一人前のループ橋なんだろうか。と思うぐらい、巨費を投じたと思われるのの字には必ず石碑がある。

寧静ループ橋
「寧静とは安らかに治まること」「穏やか」
命名理由
天孫降臨の連山を見渡すこの橋
は仙人住む鄙の里に大いなる夢
と希望、勇気と知恵を与え
生命の創造を興し二十一世紀に向
けた両県、町の任務の繋を持つ
願いを込めた言葉を取って寧静とし
橋名を「寧静ループ橋」と命名したものです
平成九年十一月吉日  高森町

 

路線国道325号
所在地熊本県阿蘇郡高森町永野原 / 宮崎県西臼杵郡高千穂町河内
回転度300度
実走行日2004-08-23
全景写真

遠目で見てもこの大きさ。

立派な橋銘板である。

普通のコンデジじゃ全景を撮影するのは無理。
ところで、脇にある歩道って使われてるのかな?

2008年5月4日撮影。ループ交差部の少し上にある駐車場に置かれた石碑。

寧静ループ橋全景拡大する
2008年5月4日撮影。
寧静ループ橋全景。