釈迦谷口交差点


金閣寺近く、大きな農家?跡地の再開発が1980(昭和55)年頃に行われた際に、変形交差点に中央島が設けられた。南北方向に通る道路(市道玄琢道)の傍らに中央島があるので、円形交差点ではない。なので、警戒標識「ロータリーあり(201の2)」も存在しない。

しかし、その市道玄琢道と釈迦谷方面(氷室道、市道釈迦谷道)の分岐・合流時には中央島を時計回りで通行する。環道(と呼んでいいのか疑問だが)にはバス停「釈迦谷口」が置かれている。

将来、交差点用地を拡張できることがあれば、環状交差点化を期待したい交差点である。

カテゴリーロータリー
路線市道玄琢道/市道鷹峯10号線/市道釈迦谷道(通称「氷室道」)/市道大宮97号線
所在地京都府京都市北区大宮玄琢北東町
実走行日2017-04-15
全景写真
南東側から眺める釈迦谷口交差点拡大する
南東側から眺める釈迦谷口交差点。信号制御ではない。
南西側から眺める。見通しがよくないし、ミラーも視認しにくい。
北西側から眺める。バスが停車していると、左側から合流する車両を予見しにくい。
北東側から眺める。