古瀬間墓園


豊田市の公営墓地である古瀬間墓園が開設されたのは1977(昭和52)年頃であるが、それから長らくは南側入口(県道487号に接続する道路)のみ使われてきた。その後の園地拡張によりアクセス道路の増設が必要と判断されたのか、1987(昭和62)年頃に西側の市道に接続する道路が作られ、このときにロータリー交差点が設けられた。

カテゴリーロータリー
路線私道(敷地内道路)
所在地愛知県豊田市古瀬間町追手
実走行日2016-03-20
全景写真
西側接続路(東海環状道を跨ぐ古瀬間跨道橋上)から眺める。
日常と非日常を分ける円形交差点。同じ豊田市内にあるフォレスタヒルズ西ゲートに通じるものがある。あっちは結婚式、こっちは法事。
南側接続路は、墓地拡張に付帯する工事が行われている。
南側接続路から眺める。
古瀬間墓園ロータリー全景拡大する
古瀬間墓園ロータリー全景