鞍ヶ池スマートIC


東海環状道(国道475号)鞍ヶ池スマートICは、2008年2月からの社会実験を経て2009年4月から正式運用されている。
この社会実験開始当初から上下線分岐点に円形交差点が設けられ、当時からラウンドアバウトとして(何の法令に基づいた運用だったのか不明だが)運用されていた模様。

最初からラウンドアバウトとして設計されていたと思われ、かつ歩行者がいない前提なので、単純な構造と言える。

内回り下り線PA(ハイウェイオアシス)側にも円形交差点があるが、こちらはラウンドアバウトには指定されていない。
また、ハイウェイオアシスに隣接する鞍ヶ池公園には展望台があり、螺旋階段と楕円形のスロープでつながっている。

カテゴリーラウンドアバウト
路線市道(4557号・鞍ヶ池スマートインター線)
所在地愛知県豊田市矢並町法沢
実走行日2014-09-14
全景写真
流出路の手前には行き先案内が標示されていて、あるべき姿のラウンドアバウトと言えるだろう。