へーベルガーデン新富士「あしたの杜」ロータリー

旭化成富士支社社宅跡の再開発による分譲住宅地、ヘーベルガーデン新富士「あしたの杜」にロータリー交差点が2件設けられている。 旭化成ホームズの2017年9月6日付プレスリリース 静岡県富士市と「地方創生に関する包括協定」を

シーレイク座喜味

「レイクサイドヴィラ座喜味」として開発・分譲が開始されたが、その後に何らかの事情により「シーレイク座喜味」として範囲を広げて開発・分譲された。この「シーレイク座喜味」の開発により、三叉路の交通島だった場所がロータリー交差

南海いずも台ロータリー

本州最南端の町、串本町の最南端、いわゆる潮岬半島の出雲地区に造成された新興住宅地の中心にロータリー交差点がある。町内会等による設置と見られる私設標識が中央島に立てられていて、右回りを案内している。 南海電鉄が1986(昭

湯浅海岸通りロータリー

和歌山市の南、紀州藩の命による醤油醸造で栄えた町、湯浅。紀伊國屋文左衛門の出身地でもある。 1960年代、人口増加に伴う宅地不足解決のため海を埋め立てて住宅地が造成され、その住宅地中央にロータリー交差点が設けられた。何を

磐梯山周辺別荘地円形交差点群

1970年前後の高度経済成長期、雨後の筍のように日本全国に別荘地が造成された。非日常をアピールするためか、別荘地の中心にシンボルとして円形交差点が設置されることがあった。ここ磐梯山の周辺でも多数の別荘地開発が行われており

白馬みそら野ロータリー

白馬八方の南東麓に拓かれた別荘地内にあるロータリー交差点。正確には「みそら野」と「エコーランド」の境界付近にあり、「みそら野」の入場門的な存在と言えよう。 別荘地の歴史は古く、開発から管理まで一貫して行っている白馬綜合開

笹部団地ロータリー

陸上自衛隊松本駐屯地の北西にある住宅団地中央部にロータリー交差点がある。昭和40年に長野県企業局により造成され、その設計当初からロータリー交差点設置が計画された模様。 国内のロータリー交差点設置例がまだ少ない時代だったか

東京電力JR港南台線鉄塔ロータリー群

JR根岸線港南台駅の南側、栄区と港南区の境界(これが相模国と武蔵国の国境とのこと)付近の住宅地に送電鉄塔が立つロータリーが2件ある。 栄区元大橋、当時は戸塚区中野町大橋谷戸と呼ばれていた場所は、横浜市栄区の中でもかなり初