貫気別川ダム魚道


豊浦町を流れる貫気別川にある、ほくでんエコエナジー豊浦発電所取水ダムである貫気別川ダムに設けられた魚道がループしている。
サクラマスが遡上する河川なので、ダム建設当初より魚道が設けられた。

発電所の運用開始は1989(平成元)年10月なのでダムはそれよりも前に完成したはずだが、詳細は確認できていない。守門川第二号堰堤魚道(1987(昭和62)年竣工)よりも前に完成している可能性があり、その場合は日本最古のループ魚道ということになる。

構造らせん型魚道
水系貫気別川水系貫気別川
所在地北海道虻田郡豊浦町新山梨
回転度810?度
完成時期1980年代後半
訪問日2017-07-10
全景写真
道道から見えるこんな看板が目印。
徒歩で接近するが、当然鍵がかかっている。足が濡れることにそれほどの抵抗はないが、苔や藻がびっしりなのでカメラを抱えての渡渉実行は躊躇する。
うーん、あの手摺まで行けたら撮影できるんだけどな。ほくでんエコエナジーに見学を申し込んでみるか?こういう場面こそドローンが欲しいぞ。
(以上3枚は2015年8月15日に撮影)
というわけで、ドローンを調達して2017年7月10日に現場再訪。 貫気別川ダムと魚道の全景拡大する
おそらく本邦初公開、貫気別川ダムと魚道の全景。
残念ながら魚影確認は無理拡大する
航空法の制限とパイロットの腕前の都合にて、これ以上接近できぬ。残念ながら魚影確認は無理だ。