青部与一跨線橋(あおべよいちこせんきょう)


井川湖、寸又峡、川根温泉あたりは春先のツーリングで1年に1回は行く場所なので、ここに立ち寄る機会は頻繁にあるだろうと思っていたのだが、なかなかその機会がなかった。今回も、秋葉神社に行くことを思い出さなければ、たぶんこのループ橋の存在を忘れていただろう。

平成15年(2003年)竣工の橋のようだが、地図に掲載されたのは比較的最近の話だ。
たぶん、2007年頃が最初だったのではないか。
日本一のお茶、と自負する川根本町だけあって、のの字の内側にも茶畑がある。(ということは、内側は私有地なんだ・・・)

もっとも、この道は、現時点では県道77号に指定されているが、国道362号のバイパス(青部バイパス)として整備されている道路である。

逆に言えば、青部バイパスの第二期工事完成共用の際には単なる国道分岐・立体交差と化してしまう、時限的のの字なのである。賞味期限は残り僅かだと思われるので、ループ橋として走行してみたい人はお早めに。

ところで、なんで「青部与一」なんだ?
いまさら気付いてしまった・・・

路線県道77号
所在地静岡県榛原郡川根本町青部
回転度270度
実走行日2010-03-13
全景写真

青部与一跨線橋全景

青部与一跨線橋全景

お茶王国らしく、のの字の中央は茶畑である。

随分詳細な情報を載せている銘板である。「大井川鐵道」の文字を使うのは大井川鐵道自身だけなのか?

大井川鐵道を跨いでいるのだが、ちょうどその線路を電車が通過した。大井川鐵道のメジャー編成である近鉄16000系の動態保存だ。